Regenboog

cafe Regenboog 日記
ー東十条・王子神谷ー
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
CORANDA 小さなオランダ展 5/29(Tue)~6/3(sun)



以前、オランダの「パスカルさんの本」を
制作されたオランダ好きのサカトさん。

今年も小さなオランダ展を開催されます!、

【coranda展】

今回のテーマは
『おいしい絵本、おいしいオランダ』
おいしい事は幸福を運んできます!

オランダ好きのみなさん、
おいしい事の好きなみなさん、
ぜひ足をお運びくださいね。

5月29日(火)〜6月3日(日)
カネタベーカリー&カフェにて開催!
渋谷区西原1−7−5
03−3466−9834

詳しくは下記ブログをご覧ください。
CORANDA(小さなオランダ展)→http://coranda.blogspot.com/

こちらのブログ、DRIEHOEKの三人が
楽しい情報を載せていますので、必見です。

| Hooi | Holland | 00:35 | comments(1) | trackbacks(0) | -
小野博新作展 Waterland Het heldere landschap


 アムステルダム在住の小野博さんの写真展に
行ってきました。

 Waterland Het heldere landschap

「オランダは干拓地独特の静けさがある。

 それは昔、海だったということの証であり、
 造り上げた土地がもつ、歴史の浅さに起因して
 いるからかもしれない。

 そして、その干拓地の上に造られた風景
 (Het landschap)
 は、オランダ人にとってのユートピア的な
 ビジョンを明確に(Heldere)
 具現化している。



 『こうなっていまった風景』の日本で育ったぼくにとって、
 オランダの干拓地は巨大なテーマパークなのだ。」



私が行ったのも最終日前日で、もう終了してしまったけれど、
九段下のアパートの一室にひっそりと、
ドアを開けるとのびのびとした心地の良い空気を作っていました。

小野さんの写真は、どれも自身が住むアムステルダムの
近辺の写真。
相当な枚数のそれらが、右側の壁一面を覆い尽くしていました。



どれも日常的な写真ばかりなのだけれど、
「あぁ、日常ってものは常日頃のことで気づきにくいけれど
 こんなにハッピーなことなんだ!」
と、思わずにはいられないような、色鮮やかで心の上がる作品でした。

残念ながら、もう終了していますが、
下記の小野さんのブログで写真が見れます。
http://www.onounit.com/

このブログ、ある一つの事柄を存分に膨らませていて、
回転の早い小野さんの頭の中と心の中を少しだけ、
覗けたような気になります。
ぜひ、読んでみてください。

ちなみに、私のお気に入りの本、ナンバー5に入る下記の本、http://www.amazon.co.jp/dp/4880083801?&camp=759&creative=3823&linkCode=wey&tag=onounit01-22

これも小野さんの作品です。
ぜひぜひ、読んでみてください。

小野さん、素敵な作品展を東京で開いてくださり、
本当にありがとうございました。
おかげで、すっかりまたオランダに行きたくなりました。

| Hooi | Holland | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
犬  オランダ日記5
パンダ2


犬。
 
犬が可愛かったです。
オランダの犬。

手入れのあまりされていないムシャムシャな犬達。
この位の自然体のほうが、らしくていいです。
 
みんなおじいさん犬に見えて愛らしい。

洋服屋さんにおもむろに入って来た黒い犬。
雑貨屋さんで、雑貨の影からこっちを見ている犬。
お店の前で待ちぼうけな犬。

どれもこれも違う犬だけど、
どれもこれも何犬か全くわかりません。
 
日本のように流行りとか関係ない感じで、
これまた好ましい。

犬に見とれて写真を撮り忘れました。
なもんで、なぜだかパンだの後姿で失礼します。

帰りの羽田で、警察犬に遭遇。
私の足元を嗅いでいました。

かわいいね〜って一瞬思いましたが・・・
何も持ってませんってばっ!
| Hooi | Holland | 17:56 | comments(2) | trackbacks(0) | -
アントワープ王立芸術アカデミー オランダ日記4(ベルギーで1泊)
アカデミエ1

だいぶご無沙汰になっておりましたオランダ日記。
 
もう1か月も前のことになるんですね。
早いものです。

まだ、ついこの間のことのように記憶しています。
 
オランダ旅行中、1泊だけベルギーに行きました。
どうしても、アントワープに行ってみたかったんです。

アントワープと言えば【アントワープ王立芸術アカデミー】

マルジェラやら ダークビッケンバーグやら ドリスヴァンノッテンやら。
大物デザイナーの出身校。

入るのも難しければ、卒業するのも100人に10人!
超ー名門。

アントワープ駅に到着して、そのままアカデーに直行。
門をくぐる。

アカデミエ2
 
大きな40リットルリュックを背負った姿は、明らかに侵入者。
とても建物の中までは侵入出来そうにありません。

中庭から見える教室では、
生徒たちが何やらコ難しそうな講義を受けていました。

ここに将来のモードを揺るがすだろうデザイナーの卵が、
いざ羽ばたく日のために準備と勉強をしているのだ
と思うとなかなか感慨深い。

下積みとか努力とか。

もうすでに飛び立って活躍している人だって、
誰もが羨む華やかな活躍の元には、
目にも付かない地味な努力や挫折やら
そう言ったことを積み重ねてきたんでしょうね。
 
大切なのは舞台裏。

忘れないように生きて行きたいものです。

アカデミエ3
| Hooi | Holland | 17:46 | comments(2) | trackbacks(0) | -
ハイネケン・エクスピリエンス  オランダ日記3
ビールだホイ!1

観光ツアーにでも組まれていなかったら行かないだろう、
ちょっとだけ冷めた目で見ていた【ハイネケン・エクスピリエンス】。

Regenboogにも置いているビールだからと見学。
これが意外とよく出来ておりました。
 
大麦と水とホップ。これらからビールは作られる、らしい。

このホップがとても香ばしくていい香り。
ホップの香りのする方へ、誘われながらルートを進むと、
なんとそこにアトラクション!

あなたもビールになった気分が味わえます?!

ガタンゴトン揺られながら、撹拌され、
ビンに詰められ、みんなのところに運ばれる自分・・・。

ビールの気持ち・・・わかるような、
いいや、わからないよ、たぶん。

ビールだホイ!2

出口に近くなると、ハイネケンのバーカウンター登場。
出来立て(?)ホヤホヤのハイネケンを注いでくれる。

まずはひとくち・・・と、その前に、
「はい、ビールを下から見て下さい。綺麗でしょー。」
ちょっとだけ、おあずけ。

そしてようやく、
「チアーズ!」
「プロースト!」
「乾杯!」
各国の言葉で乾杯の挨拶を交わし、ゴクリ。

学生の頃のコカ・コーラ工場見学を思い出す。
炭酸が苦手なのに、工場で飲むコーラは格別においしかった。

そして、ここのハイネケンも同じく。
「やっぱり、作っているところで飲むのっておいしいね。」

結局のところビールが飲めて嬉しかったという日記になってしまいました・・・。
| Hooi | Holland | 11:45 | comments(6) | trackbacks(0) | -
ベヒンホフ  オランダ日記2
中庭1

市場の後ろ手にある小さな扉。

中に入ってみると、
目の前に一面の緑が広がる。

建物に囲まれた可愛らしい中庭、ベヒンホフ。

外からはまるで見えないから、
なんだか違う世界に迷い込んだような錯覚を覚える。

中庭2

芝生には、ゴロリと猫が転がっている。


中庭に面して、小さな教会がある。
ちょうど礼拝の始まるところだったので、こっそり参加。

アフリカン音楽のような賛美歌。
どういう宗派なんだろう。

初めて耳にする音楽。

最後に、みんなで握手をする。
どう見ても珍入者の私たちを受け入れる優しい手・手・手。
そして、あたたかい笑顔・笑顔・笑顔。

まるで、夢の世界のような、不思議で、あたたかい切り取られた空間がそこにありました。

中庭3

| Hooi | Holland | 10:16 | comments(2) | trackbacks(0) | -
オランダの雲  オランダ日記1
お空


オランダの天気は変わりやすい。

曇っていた空が、昼食時には晴れ渡り、
夕方頃モクモクとした雲が現れ、小雨が降る。

例えば、雲を見ているだけでも面白い。

右側の雲は、全面を覆い尽くす大きなグレーの雲。
左側の雲は、日本だと真夏に見える入道雲を小さく切り取ったような、
モクモクッとした雲が何個か青空に浮かんでいる。

後ろを振り返れば、スキポールから斜め上に向かうシュッとした飛行機雲。

夏休みの定番、雲の観察日記を描いたら、
同じ日でも、見ている方向によって全然違うものが描ける。
溜めて日記を描くずる賢いタイプにはピッタリだ。

小雨の降った夕方、それでも傘はあまり見かけない。

帽子やフードで雨をしのいだり、カフェで止むまで寛いでいる。
すぐに止むのを承知なかんじ。

変わり行く天気を上手に楽しむ。
そんな素敵な心のスペース。
生活の仕方そのものに、学ぶことがありそうなそんなオランダ。

そんなオランダ6泊8日の旅に行って参りました。
まず最初は、オランダの空のお話でした。
| Hooi | Holland | 15:59 | comments(2) | trackbacks(0) | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ