Regenboog

cafe Regenboog 日記
ー東十条・王子神谷ー
<< ヤッホー!スカイツリー。 | main | 小さな芸術家 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
小野博新作展 Waterland Het heldere landschap


 アムステルダム在住の小野博さんの写真展に
行ってきました。

 Waterland Het heldere landschap

「オランダは干拓地独特の静けさがある。

 それは昔、海だったということの証であり、
 造り上げた土地がもつ、歴史の浅さに起因して
 いるからかもしれない。

 そして、その干拓地の上に造られた風景
 (Het landschap)
 は、オランダ人にとってのユートピア的な
 ビジョンを明確に(Heldere)
 具現化している。



 『こうなっていまった風景』の日本で育ったぼくにとって、
 オランダの干拓地は巨大なテーマパークなのだ。」



私が行ったのも最終日前日で、もう終了してしまったけれど、
九段下のアパートの一室にひっそりと、
ドアを開けるとのびのびとした心地の良い空気を作っていました。

小野さんの写真は、どれも自身が住むアムステルダムの
近辺の写真。
相当な枚数のそれらが、右側の壁一面を覆い尽くしていました。



どれも日常的な写真ばかりなのだけれど、
「あぁ、日常ってものは常日頃のことで気づきにくいけれど
 こんなにハッピーなことなんだ!」
と、思わずにはいられないような、色鮮やかで心の上がる作品でした。

残念ながら、もう終了していますが、
下記の小野さんのブログで写真が見れます。
http://www.onounit.com/

このブログ、ある一つの事柄を存分に膨らませていて、
回転の早い小野さんの頭の中と心の中を少しだけ、
覗けたような気になります。
ぜひ、読んでみてください。

ちなみに、私のお気に入りの本、ナンバー5に入る下記の本、http://www.amazon.co.jp/dp/4880083801?&camp=759&creative=3823&linkCode=wey&tag=onounit01-22

これも小野さんの作品です。
ぜひぜひ、読んでみてください。

小野さん、素敵な作品展を東京で開いてくださり、
本当にありがとうございました。
おかげで、すっかりまたオランダに行きたくなりました。

| Hooi | Holland | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:23 | - | - | -









http://caferegenboog.jugem.jp/trackback/417
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ