Regenboog

cafe Regenboog 日記
ー東十条・王子神谷ー
<< 唸る | main | 銀杏 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
石井一男展 at ギャラリー愚怜


ずっと待っていました。
ようやく東京にいらっしゃいました。

石井一男さんの【女神】

優しく肯定してくれるような顔、
慎ましく優しい表情の石井さん。

12時開館のギャラリーにジャスト12時に到着。
ちょうどお昼時。
本郷通りを挟んで向こうは天下の東大だから、
カレー屋さんだとかラーメン屋さんの行列かと思いました。

小さなギャラリーに大行列。

しくじりました。
こちらは、いつものベビーカーにいつもの方が爆睡中。
整理券をもらうには、小さくて人がごった返している入口を
突破しなくてはなりません。

しかたない。
誰か係りの人が通るまで、整理券を持った人の列に
一緒に並んでおこう。

待つこと20分。
係の人、全く通りません。。。
あぁ、目前にして見れないのか、と弱気になったころ。

見ててあげるから整理券もらっていらっしゃい!
後ろに並んでいた女性から優しい一声。
嬉しい、これは嬉しい。でも待てよ、自分の大切な子どもを
見ず知らぬの人に任せて、自分が見たいばかりに整理券をもらいに行く、
これいかに。

あーうー、悩むこと約2分。
短く悩んで、整理券を頂きにダッシュ。
この悩み、全く不要でした。
石井一男さんの清貧さと彼の描く女神に魅了された方々に
そんな悪い人がいるわけがないのです、邪念でした。

整理券片手に40分後、再びギャラリーへ。
小さな部屋に、あぁ!
温かな作品がずらり。そして、控えめに佇む石井さん。

ちょうど小さな相方さんが起きていたので、
石井さんがあやしてくれました。
嬉しくて沢山お話ししちゃいました。

これだけ時間をかけたからこそ、
更に更に、作品とご本人に会えた喜びは大きいのでした。

【石井 一男展】 at ギャラリー愚怜
2011年12月5日〜14


5.6.7.日は、ご本人いらっしゃるそうです。
初日以降は並ばないそうなので、
みなさまもぜひ、心を洗われに行ってみて下さい。










 
| Hooi | after | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:12 | - | - | -









http://caferegenboog.jugem.jp/trackback/478
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ