Regenboog

cafe Regenboog 日記
ー東十条・王子神谷ー
<< 子供遊び | main | CORANDA 小さなオランダ展 5/29(Tue)~6/3(sun) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
サングラス4枚で。



すっかり諦めていて、
後からテレビで見ればいいやなどと思っていました。

家の窓の位置も、ふさわしい位置にあるとは思えないし、
朝早くから高い建物に移動するつもりもなく、
黒い専用グラスも持っていない。

「起きて起きて、見えるよ見える!」

動物的勘で、雲の切れた一番見えるタイミングに
何の準備もなく起きた相方に起こされ、
家にあるほとんど使われたこともないサングラスをかき集め、
4枚の黒いグラスを重ねて見た太陽。

見事な金環!

見るのを諦めてはいたけれど、
見れるとやっぱり嬉しい。

太陽、月、地球が一直線に並んだこの感じ。
みんな真ん丸だという事を実感するこの感じ。
少しだけ暗くなって、太陽の光をいつも浴びているんだ
と実感するこの感じ。

頭じゃわかっているけれど、
宇宙のほんのひとつの星である地球で、
でもって、その星のほんの小さな一部である日本の
ほんと点にもならない位小さな街に自分は生きている。

細胞とか元素とか小さな事も、
銀河系だとか宇宙だとか大きな事も。

結局のところ、自分よりほんの少し大きさの違うもの位しか
理解できていないなと思います。
なんてちっぽけ。

けれども、想像力を自由自在に働かせる事はできます。
小さい事も大きな事も底なしに空想は膨らみます。

実は、人間の細胞ひとつひとつも人間のような営みを
繰り返して生活しているだとか、
逆に、人間一人一人も何かの細胞で、大きな(人間から見て)生物の
一部でしかないだとか。

よく授業中考えていたなぁ。

今日の金環日食を見て、
久しぶりに底なしの想像をしてみることが出来ました。
人間の頭の中は、本当に自由なもんです。

| Hooi | after | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:51 | - | - | -









http://caferegenboog.jugem.jp/trackback/486
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ